震災と原発 国家の過ち - 外岡秀俊

外岡秀俊 震災と原発 国家の過ち

Add: duxon15 - Date: 2020-11-26 02:56:59 - Views: 1383 - Clicks: 4255

『地震と社会 「阪神大震災」記』(1997年、みすず書房) 6. 年退社。著書に『地震と社会』(みすず書房)、『情報のさばき方―新聞記者の実践ヒント』(朝日新書)、『震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3. isbn:定価:858円(税込) 発売日:年2月10日. 外岡秀俊, 枝川公一, 室謙二編. 震災と原発国家の過ち : 文学で読み解く「3・11」 フォーマット: 図書 責任表示: 外岡秀俊著 言語: 震災と原発 国家の過ち - 外岡秀俊 日本語 出版情報: 東京 : 朝日新聞出版,. 大震災と原発事故で苦しむ東北に、再び光は差すのか? 著者が被災地で実感した、国家の様相と内外の文学作品との共通項とは? カミュ、カフカ、スタインベック、井伏鱒二らを介して、「国家の過ち」を考察する。. 11』(朝日新書)所感 本 /02/25 10:16 0 0 毎年、大学の授業において最後の最後に言おうと決めていることがある。. 外岡秀俊 震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」 朝日新書 : 外岡秀俊 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

『新聞記者 疋田桂一郎とその仕事』(年、朝日選書)共編:柴田鉄治 4. 『アジアへ 傍観者からの手紙 2』(年、みすず書房) 9. See full list on wpedia. 【本】外岡秀俊『震災と原発 国家の過ち』(朝日新書):26:57 | 日記 朝日新聞は、現在、支配権力の一角に大きな位置を占めるまでになっている。. · 外岡秀俊『震災と原発 国家の過ち――文学で読み解く「3.11」』 (朝日新書、年) 元・朝日新聞東京本社編集局長、ジャーナリスト、いまは退職して北海道大学大学院研究員の著者の本です。. 『震災と原発 国家の過ち-文学で読み解く「3・11」- 朝日新書 336』 外岡秀俊 ・著/朝日新聞出版年 国だけでなく、朝日新聞の罪も書いてほしかったですね。. 北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校、東京大学法学部卒業。作家の久間十義は高校の同級生。 1976年、東大在学中に石川啄木をテーマとした小説『北帰行』により文藝賞を受賞するが、その後小説を書くことはなく、1977年に卒業後、朝日新聞社へ入社。学芸部、社会部記者、ニューヨーク、ロンドン特派員、論説委員、ヨーロッパ総局長を経て東京本社編集局長。年3月、両親の面倒を看たいと考え、早期退職制度を用いて朝日新聞社を早期退職。東京から故郷の札幌に戻る。 その後、年1月に雑誌「文藝」年春号に、中原名義で新作長編小説『カノン』を発表した。. 『震災と原発 国家の過ち』を上梓した外岡秀俊は、朝日新聞の誠実な記者として、また名文家として知られた存在だ。彼は早期退職により故郷の札幌に帰り、まもなく両親と暮らす事を楽しみにしていた矢先に震災と原発事故に遭遇した。大災害により自己.

東日本大震災からまもなく一年になるが、新しい切り口の震災本が出た。ジャーナリストの外岡秀俊さんによる「震災と原発 国家の過ち」(朝日. 震災と原発国家の過ち - 文学で読み解く「3・11」 - 外岡秀俊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 「ふるさと」を探す心の旅〜啄木と賢治の言葉〜(BS朝日) - 年3月16日. 震災と原発 国家の過ち 外岡秀俊 商品情報 タイトル 震災と原発 国家の過ち 著者 外岡秀俊 出版社 朝日新書 支払方法 かんたん決済 発送方法 スマートレター 全国一律 180円 レターパックライト 全国一律 370円 ご注意ください 中古品の為、反り、傷み、破損、多少の汚れや 書き込み等がある.

『アメリカの肖像』(1994年、朝日新聞社) 4. 2 形態: 254p ; 18cm 著者名: 外岡, 秀俊(1953-) シリーズ名: 朝日新書 ; 336 書誌id: bbisbn. 外岡秀俊 朝日新書 年2月 ひとこと感想 文学作品から震災や原発事故を見つめ直すという試み。とりあげた作品が素晴らしいものばかり。しかし、最終的な落とし所がタイトルにある「国家の過ち」というのでは、とても物足りない。. Amazonで外岡秀俊の震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」 (朝日新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。外岡秀俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」 (朝日新書)/外岡 秀俊(新書・選書・ブックレット:朝日新書) - 「無明」の被災地でジャーナリストが見たのは、震災・原発事故に対応する国家の「罪」!. 『地震と社会』『アジアへ』『傍観者からの手紙』(ともにみすず書房)『3・11複合被災』(岩波新書)、『震災と原発 国家の過ち』(朝日新書. 外岡秀俊ソトオカヒデトシ ジャーナリスト。北海道大学公共政策大学院(HOPS)研究員。1953年、札幌市生まれ。朝日新聞社で学芸部、社会部、ニューヨーク特派員、編集委員などを経て年から2年間、東京本社編集局長を務めた。. 『震災と原発 国家の過ち』外岡秀俊(朝日新書) 石村清則 →紀伊國屋書店で購入 「文学に見る不条理克服の知恵」 東日本大震災のような圧倒的な自然の力を前にして、我々は何を思うのだろうか。. 『日米同盟半世紀―安保と密約』(年、朝日新聞社)共著:三浦俊章、本田優 2.

『傍観者からの手紙 from London』(年、みすず書房) 7. 文学で読み解く「3・11」 外岡 秀俊. 震災と原発国家の過ち : 文学で読み解く「3・11」 外岡秀俊著 (朝日新書, 336) 朝日新聞出版,. 朝日新聞社の言論サイト、論座(ronza)の外岡秀俊の記事一覧です。第一線の筆者陣がニュースに迫り、今を読み解きます。迅速な解説や独自の. Amazonで外岡 秀俊の3・11 複合被災 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。外岡 秀俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 外岡秀俊『震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約12件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 『3・11 複合被災』(年、岩波新書) 11.

11』(朝日新書)所感毎年、大学の授業において最後の最後に言おうと決めていることがある。. 1936「震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」」 外岡秀俊 朝日新書 ★★★★「私は、文学が被災者に希望を与えるのではなく、被災者が希望であることを教えるのが文学であることを知った」・・・元新聞記者の筆者は、現地取材を重ねる中で、変容した世界観において、既読の文学に. 地震と社会 : 「阪神大震災」記. 震災と原発について数々の書籍、写真集、雑誌などが出されています。事実を知りたい、記憶にとどめておきたい、どのように自分の考えをまとめたら良いのか指針を得たい・・・・と書店のたくさんの本のなかから手にした一冊が「震災と原発 国家の過ち」)朝日新書)でした。. 外岡, 秀俊(1953-) 朝日新聞出版 12 図書 市民の力で東北復興 : 大震災・原発事故、新しい時代への災害ボランティア論 : ボランティア山形東日本大震災支援活動の記録 外岡秀俊著『震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く3. 『北帰行』(1976年、河出書房新社→河出文庫) 2. 『国連新時代 オリーブと牙』(1994年、ちくま新書) 5.

震災と原発国家の過ちの本の通販、外岡秀俊の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで震災と原発国家の過ちを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは教養新書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 『9月11日・メディアが試された日 TV・新聞・インターネット』(年、大日本印刷ICC本部)共著:室謙二、枝川公一 3. 『情報のさばき方 新聞記者の実戦ヒント』(年、朝日新書) 8. 『震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」』(年、朝日新書) 『3・11 複合被災』(年、岩波新書) 『「伝わる文章」が書ける 作文の技術 名文記者が教える65のコツ』(年、朝日新聞出版). 震災と原発 国家の過ち.

11」』(朝日新書)、『リベラリズムの系譜でみる 日本国憲法の価値』(朝日新書)など。. 震災と原発国家の過ち : 文学で読み解く「3・11」. 『「伝わる文章」が書ける 作文の技術 名文記者が教える65のコツ』(年、朝日新聞出版) 12. 3・11 複合被災/震災と原発―国家の過ち 著外岡秀俊 「あの日」から今日で、ちょうど一年。 時代を画する大文字の日付「3・11」を再び迎えて、テレビも雑誌も一斉に震災特集を組んでいる。.

『カノン』(年、河出書房新社)- 中原清一郎名義 13. 『震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」』(年、朝日新書) 10. 大震災直後の数年間だ。. 東日本大震災からまもなく一年になるが、新しい切り口の震災本が出た。ジャーナリストの外岡秀俊さんによる「震災と原発国家の過ち」(朝日. 『未だ王化に染はず』(1986年、福武書店)中原清一郎名義 小学館文庫、 3. 震災と原発 国家の過ち. いま世界は(BS朝日) - レギュラーコメンテーター 2.

震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」外岡秀俊 朝日新書 年2月 作者は1953年北海道生まれのジャーナリスト。元朝日新聞社の社員。本書でとりあげている文学作品は、以下である。カミュ ペスト「外部からの「同情」や、かたちだけの「賞讃」の言葉は、隔離された人々の心に響か.

震災と原発 国家の過ち - 外岡秀俊

email: farizit@gmail.com - phone:(624) 656-8377 x 6864

ザ・ルアー - つりトップ編集部 - のすべて 吉野孝之

-> 現代中国農村と「共同体」 - 内山雅生
-> 脳と計算論<普及版> - 外山敬介

震災と原発 国家の過ち - 外岡秀俊 - スマッシュ


Sitemap 1

普段着のガラス - 舩木倭帆 - 哲学研究大系 哲学史篇